北条田仲病院のご案内内科(人工透析)・泌尿器科・整形外科・放射線科

院長あいさつ
「専門的な知識」と
「心の通う医療」を提供いたします
北条田仲病院は旧加西市民病院跡地において1980年7月より透析医療をスタートし、以来地域の透析センター的役割を果たしております。2003年5月1日より病床・透析ベッドを増加し、北条田仲病院として規模を拡大いたしました。
透析医療の基本であるシャント手術における専門医及び各分野のエキスパートを揃えたチーム医療と安全で清潔な医療を行っております。それには次世代の洗浄消毒剤といわれている電解水を使用し、院内全体のクリーン化及び自然環境の保護を実践しております。
また医療技術のみならず、心の通う気軽にいつでも利用して頂ける身近な病院を目指しております。
北条田仲病院の職員一同、全力を尽くして患者様と社会に貢献させて頂きたいと思っております。 北条田仲病院 院長 田仲 紀子
(日本透析学会 専門医・指導医)
  • 当院について
    内科(人工透析)・泌尿器科・整形外科・放射線科があり、院内感染防止から食の安全管理に至るまで「強電解水による総合的衛生管理」を導入実施しております。放射線はデジタル化によるフィルムレスを目指し、待ち時間短縮につとめています。
  • 当院の設備
    入院ベット48床/透析ベッド65床/血漿交換装置/電解水生成供給装置/人工呼吸器/ヘリカルCT(16列)/デジタルX撮影装置/自家発電装置/リハビリテーション室/手術室

診療時間・透析時間

診療時間
9:00〜12:00(受付/11:30まで)
(泌尿) (内科)矢賀(整)渡部 (内科)馬渕 (泌尿) (内科)矢賀 (内科)非常勤
15:00〜18:00(受付/17:30まで)
(内科)矢賀 (泌尿) (内科)藤田 休診 (泌尿) 休診
透析時間
9:00〜14:30
14:00〜19:30
17:00〜22:30

※担当が都合により変更になる場合がございますがご了承ください。
※日曜・祝日は休診となります。

入院について

入院中、貴重品のお預かりはできません。極力お持ち込みされないようお願いいたします。なお、やむなく持ち込まれる場合は、ご自身で責任をもって管理ください。貴重品の紛失・盗難などのトラブルに関して、当院では一切の責任を負いかねますのでご留意ください。

当院のご案内

病院名 北条田仲病院
院長 田仲 紀子
資格 透析専門医・透析指導医
略歴 埼玉医科大学卒業後、大阪大学腎臓病教室入局、大阪労災病院、田仲北野田病院などに勤務。2013年7月に北条田仲病院 院長に就任。
診療科目 内科(人工透析)・泌尿器科・整形外科・放射線科
所在地

〒675-2312 兵庫県加西市北条町北条391-3

アクセス 北条鉄道 終点 北条町駅より徒歩20分
電話/FAX 0790-42-4950 【FAX】0790-42-4587・0790-42-5574
設備 入院ベッド48床/透析ベッド65床(※緊急透析は24時間体制で行っております)/血漿交換装置/電解水生成供給装置/人工呼吸器/ヘリカルCT/デジタルX撮影装置/透視装置/自家発電装置

医師紹介

医師 副院長 垣 隆之
専門 泌尿器科
資格 泌尿器科 専門医
略歴 鳥取大学医学部卒業後、松江赤十字病院、加東市民病院等を経て、2013年北条田仲病院入職

沿革

1976年10月 北条田仲産婦人科開院(院長 田仲 紀陽)
1978年1月 北条田仲産婦人科・内科と変更
1980年7月 血液透析開始(8床)
1982年11月 北条田仲医院と変更
1983年5月 北条医院と変更
1984年6月 透析室増床(35床に)
1988年8月 第二透析室増床(8床)
1991年6月 田仲クリニックと変更
1998年6月 田仲医院 開院
2003年5月 北条田仲病院開院(病床数:48床/透析室ベッド数:50床)
2005年3月 田仲和田山クリニック 開院
2007年2月 社 田仲クリニック 開院
2011年12月 第二透析室増床(15床)
2013年7月 田仲紀陽より田仲紀子へ院長交代

求人情報

現在求人の募集はございません

PAGE TOP

PAGE TOP